ネットビジネスはもう稼げないのか?真実を暴露!

「ネットビジネスはもう稼げない!」

 

っていう意見はもう数年前から、出てきては消え、また連呼する人が現れ消え・・・

 

私はアフィリエイトで稼いでいるんですが、

 

アフィリエイトでもおんなじです。

 

「アフィリエイトはもう飽和したんだ!」

 

「アフィリエイトはもう後発組は稼げない!」

 

なんていう意見が生まれては消えを繰り返しています^^;

 

 

では、もう本当にネットビジネスでは稼げないのでしょうか?

ネットビジネスはもう稼げない?飽和した?

 

むしろ供給が追いついていない感

ネットビジネスで私自身が稼いでいて、

 

いつも実感するのが、

 

「供給追いついてないな~」ということ。

 

だって日本でインターネットを利用している人口が1億人ですよ?!

 

それこそ子供からお年寄りまでネットを利用している、ということじゃないですか。

 

 

それのどこが飽和しているんでしょうか・・・

 

 

むしろこれから高齢化社会が加速していけば、

 

さらにインターネットでのお買い物って人々に求められていくと思うんですよね。

 

だって人は「便利さ」を求めるからです。

 

アマゾンの需要が多すぎて配達がパンクしているのがいい例ですよね?

 

ツール信仰になっていないか?

どうしてもアフィリエイトの例になってしまいますけど、

 

どうも小銭稼ぎのアフィリエイターって

 

「100%ツール依存」に私は見えてしまいます。

 

例えば毛穴の悩みを解決するアフィリエイト商品を売りたいのなら、

 

キーワードツールだけに頼って

 

毛穴+〇〇

毛穴+〇〇〇

 

というキーワードしか抜き出すことができません。

 

アフィリエイトとは、商品を求めているユーザーと商品を売りたいメーカーとの架け橋に

 

なるのがアフィリエイトです。

 

AさんとBさんは同じ毛穴を解決したいユーザーでも、

 

頭の中身は違うんですよね。

 

 

この違いを理解せず、とにかくアフィリエイターはキーワードツールだけに

 

頼ってブログを作っていきます。

 

するとキーワードにアフィリエイターが集中するので

 

やれ被リンクだ、やれ文字数たくさんで書け、だなんて

 

アフィリエイトの本質から離れた所でみんないらない努力をし出すのです。

 

 

そういった意味ではアフィリエイトももう飽和しているのかもしれませんね・・・

 

これからもインターネットは便利だからますます人々に使われていくだろうし、

 

言葉がなくならない限りアフィリエイトも飽和しません。

 

ぜひ「本質」を理解いただければと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ