ネットビジネスでの成功者は主婦でもなれるし誰でもできる

 

はじめまして。

 

あーこです^^

 

 

おそらくはじめまして、の方も多いと思うので、

かんたんに自己紹介させていただきます。

 

東京在住

夫と私、子供2人、ミニチュアシュナウザーの一匹の5人家族です。

 

ネットビジネスは普通の主婦から始めて

今でも普通の主婦です。

 

見かけも普通、学歴も普通です。

 

ただ、ネットビジネスではある程度成功できていると思ってます。

 

どのぐらい稼いでいるか?はこのぐらいです。

アドモール

A8ブラック

afbプラチナ

あとは自社商品の実績も毎月ありますので、

現在では月数百万円をネットビジネスで稼いでいます。

ネットビジネスって今でも、どこか

「怪しい」「胡散臭い」

というイメージは世間では払拭されていないかな、と感じています。

これっておそらく個人が莫大に稼げてしまう種類のビジネスだから、

「何か人を騙して怪しいビジネスをしてるからだ」

と思われているような気がしてなりません。

でも、ネットビジネスの「特徴」を理解すれば、

一般人である主婦の私のような人間でも、

大きく稼げてしまう理由がよくわかると思います。

ネットビジネス成功者は誰にでもなれるってほんと?!ウソ?

ネットビジネスって結局何なのか?

私がネットビジネスを始めたころは

ネットビジネスもネットワークビジネスもおんなじような、

人脈を頼って押し売りして稼いでいるんだろう、程度の知識でした。

 

ネットビジネスに対して警戒心MAXでしたね。

 

これはネットビジネスの本質を理解していないからこその警戒心だったと思います。

 

ネットビジネスとは、インターネットを使ってお客様に商品を売るビジネスです。

 

リアルビジネスですと、店舗があって店員がいてお客様に対して商品を売り

利益を得ます。

 

ネットビジネスとは、商品があってお客様に商品を売って利益を挙げるというのは

リアルビジネスと何ら変わりありません。

 

商品を売る行動がインターネットで完結するからネットビジネスと言います。

 

では、どうしてネットビジネスだと莫大に稼げてしまうのでしょうか?

ネットビジネスで大金を稼げてしまう理由

わかりやすいように、

リアルのお店で化粧品を売ることにします。

 

お店にやってきたお客様が商品を購入してくれます。

 

するとその利益でお店は儲けることができます。

 

リアル店舗ですと、通販は別として、いわゆる「商圏」が狭いです。

 

あなたの近くのドラッグストア店に、県外から足しげく通ってくる常連客ってほぼいないと思います。

 

おそらく近所の人や通勤途中の人ぐらいではないでしょうか?

 

一方ネットビジネスは、この商圏が少なくとも「日本全国」になります。

 

日本のインターネット人口は今や1億人程度いると言われています。

 

あなたが例えばブログの中で化粧品商品を紹介したとして、

正しい方法でさえ実践すれば、対象のお客様が数百人、数千人となります。

 

これを一人の力でできるんだからネットビジネスは稼げるということです。

 

つまり、

一人の力でネットを使うことで数千人に相手にビジネスができる、

ちょっと言い方をかえると「レバレッジが効く」

ということになります。

結局一握りの人しか稼げないんでしょ?

まあ、私の元によくいただく質問なんですが

「どうせ稼いでいる人は一握りなんですよね?」

とか、

「楽して稼げるワケではないでしょ」

といったご意見です。

 

もちろん、

・楽して寝ながら

・スマホをタップするだけで

月収100万とか月収200万とかは稼げないです。

 

 

寝ながらスマホをタップするだけでは

月収10万も稼げません。

 

なぜなら、ネットビジネスもリアルビジネスと同じ

お客様がいて商品を買ってもらってはじめて成立するからです。

 

ただし、ネットビジネスで稼ぐために特別な能力が必要かというと一切そんなことはないです。

 

私の感覚では、リアルビジネスより1/10の労力で成功できる類のビジネスだと考えます。

 

では、どうしたら誰でもネットビジネス成功者になれるのでしょうか?

 

それはただただ

「共感性」だと思っています。

 

ちょっと漠然としていてわかりにくいので、

私がネットビジネス、つまりアフィリエイトをはじめた当初というのは

ブログ記事で

 

「この商品はとても良いです!ぜひ買ってください!」

 

と自分が稼ぎたいのでただ商品が良いので買ってください、と宣伝していました。

(昔はただこれだけでもネットで物が売れていた時期はありました)

 

しかし、これでは、ブログを見てくれたお客さんには、

単なる押し売りにしか感じることができません。

 

そこで、

「この商品はここがよくてここもよくて、こんな解決をしてくれます。

〇〇だけは悪い所だと思います」

 

とお客様の立場になって

お客様の知りたい情報を価値提供することで物は売れていきます。

 

 

つまり、お客様の視点に立って考えることができるという「共感性」が

大事だということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ